ゴールドクリニック のロゴ

ED薬(バイアグラ)のはじめ方

ED薬(バイアグラ)の入手方法

はじめに

「バイアグラを試して見たい」と思われた方がまず悩むことは、どうやってバイアグラを手に入れるか、です。
ED治療薬の入手方法について、バイアグラを代表例にご説明します。


バイアグラの入手方法

まず、薬の入手方法については、「誰でも購入できる市販の薬」「医師の診察のもと、処方される薬」があります。
バイアグラは処方薬です。
そのため、本来(正規)の入手方法としては、「診察による医師からの処方」しかありません。

では、なぜ医師による診察が必要なのでしょうか。
それは、処方薬は効果が認められている一方で、「飲むことで体に危害を及ぼす人」がいるためです。
そのため、医師が診察をすることで、薬を処方して良いのか(危害が発生しないのか)について判断しています。

しかし、世の中には、「ネットでバイアグラを購入できる」や「バイアグラを通販で入手」とうたうようなものがあります。
確かに手軽さの点では、医師に処方をしてもらうよりも通販等で購入できた方が便利かもしれません。
ですが、先ほど述べたような危険性の問題についてはどうなのでしょうか。具体的に見ていきましょう。


バイアグラのネット販売

ネットでのバイアグラの入手方法については、主に次の2つです。

  1. 個人輸入代行の使用
  2. バイアグラに近いサプリメントの入手

まず、個人輸入代行について具体的にご説明します。
処方薬について、国内で取り扱うことができるのは基本的に医師のみであり、個人が取り扱うことはできません。
一方「国外」つまり海外から薬を直接輸入するというのが個人輸入です。
しかし、実際に個人が海外の薬を直接輸入するのは難しいため、それを代行する個人輸入代行業者があります。
ただし違法の危険性があるものであり、厚生労働省により、注意喚起もされています。
(個人輸入代行業者について:厚労省 https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/tuuchi/0828-4.html)

そして、法律的な問題に加えて、実際に個人輸入代行を使用する際に懸念される問題点は以下の2つです。

  • バイアグラを飲んではいけない方も飲んでしまう可能性があること。

決して推奨はできませんが、この点については、「血圧や心臓に問題が無い状態で服用すること」そして特に、「他の服用薬などで硝酸薬(ニトログリセリン)を摂取しないこと」の2点を守ることで、ある程度のリスクを下げることは可能です。
(ただし、生じる問題については、個人輸入代行を使用する時点で完全に自己責任となってしまいます。)

  • 購入した薬が偽造薬である可能性があること

厚生労働省による過去の調査結果を含め、ネットを通して入手された薬の約半分が偽造薬であると言われています。
加えて、偽造薬については、効果が無いだけでなく、体に有害である危険性もあります。


バイアグラと近いサプリ

次に、先述した「バイアグラに近いサプリメント」についてご説明します。
サプリメントとして代表的なものは、マカやアルギニン、シトルリンなどが挙げられます。

そして、これらのサプリメントに関して、医学的な観点から言えることは「効果がはっきりとしない」ということです。
加えて、サプリが効く可能性はありますが、ED治療薬のような即効性はありません。
目安としては、飲んでから効果を実感するまでおよそ2週間程かかります。


バイアグラの価格

これまでネットでの入手方法ついてご説明してきましたが、ネットでの販売価格についてはどうでしょうか。
ネット販売では、入手の手軽さに加えて、価格の安さをうたう場合があります。
結論としては、現在は正規の薬に関して、ジェネリック医薬品(後発薬)があるため、実際には正規のジェネリックを医療機関で処方される方が安い場合もあります。

また、私たちゴールドクリニックでは「オンライン診療」を行っています。
これは、電話やテレビ電話にて医師の問診を受けることで、自宅から薬を入手することが可能です。
参考情報として、当院では、バイアグラのジェネリック医薬品(50mg)を1錠 1180円(送料込み)、シアリスのジェネリック (10mg) を1錠1580円(送料込み)でご購入いただけます。


まとめ

今回は、バイアグラの入手方法と懸念される問題点や価格面について、ご説明しました。

  • バイアグラは「処方薬」であるため、正規の入手方法については、「診断による医師からの処方」のみです。
  • バイアグラをネットで入手する場合、方法は主に以下の2つです。
  • 個人輸入代行の使用
  • バイアグラに近いサプリメントの入手
  • ネット販売における価格については、正規の薬に関するジェネリック医薬品の方が安い場合があります。

以上がまとめとなります。
バイアグラの購入を考えている方は、当記事を参考に、ぜひリスクの点についてもご検討ください。
また、先述したように、当院では自宅で診療が可能なオンライン診療を行っていますので、興味のある方はぜひ当院のホームページをご参照ください。