悩むぐらいなら治療を

治療例

32歳 薄毛治療の飲み薬と塗り薬の使用例※1

私たちゴールドクリニックは「確かな医療を身近に」という理念のもと、医学的に正しい治療を提供することをお約束します。

【内容】 ・富士化学製 内服薬 1mg 28錠/1箱 ・富士化学製 外用薬 60mL/1本 【ご説明】 薄毛治療をしっかりと行うための内服と外用の組み合わせの1ヶ月分です。 モニターセットと同じ薬の組み合わせで1年間使用した例では94.1%で効果が見られました。*2 【使用方法】 AGA内服薬ジェネリック 1mg:1日1回 決まった時間に内服(例:朝飲むと決めた方は毎朝) AGA外用薬:1日2回 頭皮の気になる部分に塗布

飲み薬のメカニズム

薄毛の内服薬は、5-α還元酵素阻害薬という成分が作用します。5-α還元酵素阻害薬は、脱毛を抑えることで発毛を促します。そもそも脱毛は、男性ホルモンに5-α還元酵素が作用することで引き起こされます。5-α還元酵素阻害薬はその名の通り、5-α還元酵素の働きを抑えます。これによって、脱毛を抑えます。*1

塗り薬のメカニズム

薄毛の原因は、ヘアサイクルの乱れが原因です。塗り薬は、ヘアサイクルを整えるとのこで、髪の毛の成長期を伸ばすことによって発毛を促します。飲み薬と塗り薬の両方を1年間使用した例では

94.1%の方に効果がありました

ご利用の流れ

よくある質問

・ どれぐらいで効果が出ますか?


治療開始から3〜6ヶ月で効果が実感されます。これは、脱毛を抑える作用とヘアサイクルを整えることで発毛を促すためです。時間がかかると思われる方もいますが、ゆっくりと効果が出てくることで自然に毛を増やすことができます。

・ 保険証は必要ですか?


自費診療のため保険証は不要です。

・ 毎日飲んで、塗る必要がありますか?


毎日続けていただくことで、よりしっかりと効果を実感していただけます。薬を忘れた日の分だけ、体に作用する効果は弱くなってしまいます。ただし1日でも薬を忘れたからといって、振り出しに戻るわけではありません。しっかり続けるほど効果があるということです。

・ 飲み忘れた場合はどうすればいいですか?


飲み忘れに気づいた場合、半日ずらして内服し、翌日からいつも通り内服してください。(例:毎日 寝る前(23時)に内服。 月曜日 内服忘れ -> 火曜日 午前中に内服 (寝る前は飲まない) -> 水曜日 寝る前に内服)

・ 女性も使えますか?


男性ホルモンに作用する薬のため女性には使えません。また錠剤に直接触れると皮膚から吸収されますので、女性や子供には触れないよう、触れた場合はすぐに手を洗うようにしてください。