ゴールドクリニック のロゴ

バイアグラの上手な使い方

バイアグラとお酒(アルコール)

はじめに

性行為をする前の食事の際に、お酒を飲む方は多いです。
お酒を飲むことで気分が盛り上がり、性行為へと発展した経験がある方もいるでしょう。
実際にアルコールは性的活動を活発にします
一方で「お酒を飲むことで勃起しにくくなった」という経験もあるのではないでしょうか。
こちらでは、「お酒のアルコールによる勃起への影響」そして「対策としてバイアグラを服用することはできるのか」についてご説明します。
結論としては、アルコールにより勃起が生じにくくなった場合、解決策としてバイアグラを服用することは可能です。
具体的に見ていきましょう。


バイアグラとアルコールの相互作用

まず、ED治療薬であるバイアグラとアルコールの関係についてご説明します。
バイアグラとアルコールには相互作用はなく、バイアグラを服用した上でお酒を飲むことに問題はありません

ただし、ひとつ注意しておきたいことがあります。
それは、アルコールによって飲酒時に血圧が下がることに加え、バイアグラの副作用により、血圧が更に低下する可能性があるということです。
(アルコールには様々な作用があり、飲酒量や飲む方の体質により、血圧を上げることもあります。)
血圧が低下すると、立ちくらみなどの症状が出るため、飲酒時にバイアグラを服用する場合は、その点に注意する必要がります。


アルコールの勃起への作用

では、アルコールによる勃起への影響についてはどうでしょうか。
バイアグラの服用の有無に関わらず、アルコール自体が勃起に影響を与えます。

具体的には、勃起は副交感神経が作用することで生じます。(一方で、射精は交感神経の作用により生じます)
そのため、勃起が生じるには副交感神経が活発になることが大切です。
その際に、適度なアルコールは緊張をほぐし、気持ちをリラックスさせ、副交感神経を活発にします。

一方で、過剰に飲酒してしまうとアルコールによって脊髄にある勃起中枢が麻痺してしまい、勃起が生じにくくなってしまいます。

また、長期的な飲酒によるアルコールの作用としては、体内の血管を傷つけることや、男性ホルモンの一種であるテストステロンを減らしてしまうため、根本的なEDの原因になり得ます。

このように、アルコールによる勃起への影響については、適度な飲酒は勃起を促す効果が望める一方で、過度な飲酒は勃起の生じにくさやEDに繋がる可能性があります。


アルコールの適量はどれぐらいか

では、どれぐらい飲めば適切なアルコール量といえるのでしょうか。
結論としては、長期的な量については目安があるものの、短期的な量については、はっきりとは決まっていません。
これは、アルコールを処理できる量には個人の体質が大きく関わっており、勃起に影響のない飲酒量についても個人差が大きいためです。

そのため短期的な飲酒量については、どの程度までであれば勃起に影響がないのかご自身で経験を踏まえて把握しておく必要があります。

そして長期的な飲酒量については、一般的に1日20gのアルコール量(ビール中瓶1本または日本酒1合弱に相当)であれば、アルコールにより血管などが傷つくことはありません。


まとめ

当記事では、「お酒のアルコールによる勃起への影響」そして「対策としてバイアグラを服用することはできるのか」についてご説明しました。まとめますと以下の通りです。

・バイアグラとアルコールには相互作用はなく、バイアグラを服用した上でお酒を飲むことに問題はありません。ただし、バイアグラの副作用による血圧の低下は、飲酒時の血圧の低下を強める可能性があるため、その点において注意が必要です。 ・アルコールと勃起の関係については、適度な飲酒は副交感神経を活発にし、勃起を促す効果が望める一方で、過度な飲酒は勃起中枢の麻痺を引き起こし、勃起の生じにくさやEDに繋がる可能性があります。 ・適切なアルコール量については個人差が大きいため基準はありませんが、長期的な飲酒量については、一般的な方は1日20gのアルコール量(ビール中瓶1本、日本酒1合弱に相当)であれば、飲酒による血管の損傷は生じません。

以上がまとめとなります。アルコールによる勃起への影響、そしてバイアグラとの関係を理解した上で、上手に活用していきましょう。


【参考文献】
日本医事新報 No. 4867 2017.8.5
Journal Sexual Medicine VOLUME 16, ISSUE 5, P721-732, MAY 01, 2019

監修医師:老木悠人