ゴールドクリニック のロゴ

バイアグラの気になること

タイでのバイアグラ(シデグラ)について

はじめに

「タイのバイアグラ」というものを聞いたことありますか。

タイは日本から近く、安いこともあってナイトライフの楽しみとしても人気があります。
そしてED治療薬であるバイアグラを使うことで、より楽しみが増えることもあります。

タイのバンコクでは

“No prescription needed. All kinds of pharmaceuticals sold here”
(処方箋は不要です。どんな薬でも販売しています)

という看板がいくつも見られます。
そのため、タイでは気軽にバイアグラが入手できるという噂があります。
では、タイではバイアグラの市販は合法なのかタイのバイアグラの効果タイのバイアグラは安全なのか、みてみましょう。


タイのバイアグラ=シデグラ

タイでよく流通しているバイアグラはシデグラ(Sidegra)と言います。
これは正確にはバイアグラのジェネリック医薬品で、もともとバイアグラを開発したファイザーという世界的な製薬会社が販売しているものです。

元祖のバイアグラを作ったファイザーが作ったジェネリック医薬品であり、効果や安全性などはバイアグラと同じです。
簡単にバイアグラの効果などについてご説明すると
バイアグラは勃起不全治療薬です。
よくある誤解として、媚薬ではありません。バイアグラを飲んで1時間ほどで勃起が強くなり5時間ほど効果は持続します。


シデグラの入手の仕方

タイでシデグラやバイアグラは、観光地の露天で入手が可能です。
日本ではバイアグラなどのED治療薬は処方薬が必要なため、とても気軽に入手が可能と言えます。

しかし、実際にはタイの法律でも
バイアグラの処方には医師の処方箋が必要です。

タイの露天でバイアグラやシデグラが入手可能なのは、合法だからではなく、違法ではあるが摘発が追いついていないという途上国ならではの理由です。

シデグラは約半数が偽造薬

タイでのED治療薬の偽造薬の割合

それでも「バレなければバイアグラが気軽に手に入る」と考える方もいるでしょう。
しかし、露天で買うシデグラ(バイアグラ)には偽造薬の可能性が高いです。

偽造薬を見分けることは非常に困難です。
そのため、日本でも正規流通以外のルートではバイアグラなどED治療薬は偽造薬が出回っています。
タイは偽造バイアグラの中心地であるとも報告されています。

大手製薬会社がタイ国内で偽造薬の割合を調べたところ、ED治療薬のおよそ半数が偽造薬でした。


シデグラの危険性

そして偽造薬のもっとも問題は効果がないことではなく、危険性があることです。
偽造薬は血糖降下薬が混ぜられることが多いです。
通常は糖尿病の治療として使われますが、健康な人が使った場合は低血糖を起こして、ひどい場合には意識消失まで至る場合もあります。

偽造薬による健康被害については日本でも問題になっています。
そもそもシデグラがタイで発売され始めたのも、タイではバイアグラの偽造薬があまりにも出回っていることをバイアグラの製造元であるファイザーが見かねたからです。

シデグラ自体はバイアグラと同等であり、悪い薬ではありません。
しかし、安全に入手するためにはタイの病院で処方をうける必要があり、そのことを考えると入手は簡単ではありません。


まとめ

シデグラ自体は、ファイザーという大手の製薬会社が製造しているバイアグラのジェネリックであり、有効な薬です。
しかし、日本人がタイで病院を受診して処方することは考えにくく「本当」のシデグラは入手困難です。
また、偽造薬は効果がないだけはなく、命の危険がある場合もあります。
そのため、ED治療薬を希望する場合は日本でちゃんと受診をしましょう。

【参考文献】
偽造ED治療薬4社合同調査結果(https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html)
THAILAND: Misuse of Viagra, Fake Drugs Worry Experts
(http://www.ipsnews.net/2004/08/thailand-misuse-of-viagra-fake-drugs-worry-experts/#:~:text=Under%20Thailand's%20drug%20rules%2C%20Viagra,(10%20dollars)%20a%20dose.)